FC2ブログ
■■■ きょうのお仕事 ■■■ ホーム » ひとり言 »体が悲鳴だ。(12/09)

体が悲鳴だ。(12/09)  

いつもの日常が始まる。
朝から我が子を風呂に入れ、髪を拭いてやろうとしゃがんだら、
腰に違和感。。。「やべー」私はぎっくり持ちなのだ。
とにかく支度して我が子のヒブワクチン接種のために病院へ。
腰はいま通っている整形外科で見てもらおう。

まずは子供の病院へ東京タワーのふもとにある
「東京サージカルクリニック」だ。これで3回目。
全3回の接種なのでこれで終了なのだ。

ドクターシーズが笑顔で迎えてくれるが、ベッドに横にされた
我が子は「ギャー」
081209a.jpg
「ハイハーイ、ゴメンナサイネー」とドクターシーズがくるっと
うつ伏せにして、お尻の脇に「ちくっ」
081209b.jpg
さらに「ギャー」でもママに抱っこされたらすぐに泣き止んだ。
意外に強いな、我が子ながら。私も子供の頃病弱でかなり病院に
通って注射を打たれた記憶があるから、それを受け継いだのだろう。

帰宅してすぐに事務所へ移動。溜まっている仕事が山ほどある。
宅配業者を呼んで資料や荷物の発送、電話での業者との
打ち合わせ、会計士との連絡、溜まったメールへの返信。。。
そして新規の受注。しかも明後日。一日ベタじゃん。毎度ありー。

以前から依頼していた事務所の鍵を取替えに知り合いの業者が
やっとやって来た。

我が事務所はこれまで通常の玄関錠を取り付けていたのだが、
防犯上心配だったので、鍵を増設したのだ。本当はドアノブと
シリンダーを交換したかったのだが、構造上不可能ということで
結局ワンドアツーロックになったという次第。

最新の鍵がついたらしく。防犯上もひとまず安心だ。
余裕が出来たら警備会社に個別セキュリティシステムをお願い
しようと思っている。

なんだかんだやっていたら、今度は宅配業者が色んな荷物を
持ってきた。今まさに「お歳暮」のシーズンなのだ。
変な話だが、本業のナレーション業ではそうした盆暮れの
付け届けはほとんどやっていない。以前は色んな業者に
バカ丁寧にやっていたが、そんなことをして仕事が来ると思う
私が浅はかだったと思ったので、この一年でお世話になったと思う
会社だけに送る方式に切り替えた。

どちらかといえば、別事業の業者のほうが、こうした付け届けは
「きっちりしている」印象を受ける。
もっとも、発注側と受注側という違いもあるのかもしれないが。。。

早速送られてきたお煎餅をかじりながら仕事する。
この事務所も会社らしくなったなー。

さて、夕方閉院間際の病院に滑り込み。
腰も痛いので見てもらうことに。。。
081209c.jpg
「ヘルニアに近いよ。肩よりもこっち(腰)のほうが心配だよ」
レントゲン写真を見た医者はこういった。

確かに若い頃から年に一度「ぎっくり腰」は必ずやっていた。
トレーニングのおかげでこの数年は随分ましになったと思っていた
のだが。。。「腹筋とか激しくやっちゃだめだよ」

えぇ~っ。そんな。。。

当分、運動は無理か。。。仕方ない、仕事でもしよう。

体をいたわらなければならない年齢なのか。いや、まだまだ。
と自問自答を繰り返す私なのだった。。。
スポンサーサイト

category: ひとり言

thread: 今日の出来事

janre: 日記

tb: --   cm: --

Twitter

プロフィール

最近の記事

FC2カウンター

FC2カウンター

リンク

shinobi アクセス解析

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

月別アーカイブ

カテゴリー

▲ Pagetop