FC2ブログ
■■■ きょうのお仕事 ■■■ ホーム » お仕事 »今日も一日・・・。(03/08)

今日も一日・・・。(03/08)  

このところ、早起きが続きます。今日は週に一度の「リハビリ」で
自宅近くの病院に09:00。
先週、江戸っ子理学療法士の「ヤマグチさん」を紹介したところ、
ご本人と、リハビリ室の皆さん見ていただいたらしく、
「おいおい、見たよ見たよぉ~」的な会話からスタート。
「随分良く書いてくれたねー」とヤマグチ氏。いやいや、私もこの年齢
にしては、世間の泥水を少なからず飲んできた身。どんな人かくらい、
分りますって。
で、先週の私のブログの内容に、というか、ヤマグチ氏についての私の
記述に「意見」がある方がいたそうで、、、
「腕がいぃ~?そりゃうそ!って言いやがんだよ。写してやって」
てなワケで、一枚パシャ。やっぱりこの人は優しい人だ。
070308.jpg

(左からオオバさん、中央手前・ヤマグチさん、奥・イシグロさん)
あらまー、ヤマグチさん。ピースサインっすか。若い。来週もひとつ。
さて、いつもは歩いて通院するところ、本日は自転車なのです。
070308b.jpg

病院からそのまま自転車こいで六本木のスタジオへ・・・。
今日は、テレショップ(24時間生放送でやってるCSのチャンネルです)
で取り扱う「医療保険」の紹介ナレーション。この手の保険をこの会社
で扱うのは初めてということなのです。確かに色々制約ありそうだもん
なー。。。せっかくスタジオ内で写メ撮ったのに、セカンド携帯の使い
方がいまいち飲み込めず、保存に失敗(泣)
とにかく3/13(火)19:00から、ショップチャンネルでOAだそうです。

仕事はすぐ終わり、担当さんも「イヤー、早くて申し訳ないですネ」
いやいや!私こんな仕事大好きですっ!!!とっとと帰宅。

午後からスポーツクラブへ。結構空いていた。が、面白人間多し。
1・筋肉が付いてるヒトは、ウェアの露出範囲が多い。
2・自分がいいオトコだと思ってるヒトは、トレーニングもそこそこに
しょっちゅう鏡ばっか見てる。周りを見回したりして、その時間の一番いいオトコは「自分」であると確認しているようにも見える。
3・いちゃつきながらトレーニングに来るカップルはすぐ来なくなる。
(そーゆー事は他の風呂付個室でやって!と言いたくなること数回。)
でも自分なんかも、他から見れば、五十歩百歩だったりして。
他山の石としよう。

トレッドミルで走ってたら、モニターにCS日テレが写っていた。画面は
天気予報。私の記憶に間違いが無ければ、流れていた自動音声は、先日
自殺した「鈴木君枝アナ」のものだったはずである。今日改めて見たら
自動音声は無く、BGMのみとなっていた。自分は以前系列局に籍を置いて
いたが、鈴木さんとの接点はなかった。妻は上京してから、局で何度か
見かけたことがあると話していた。仕事では非常に器用だったのだろう
が、何か不器用な部分を感じる。女子アナは以前は「30歳定年制」とか
「結婚したら退社」などという、組合が聞いたら充分に闘争要因になり
うる人事がまかり通っていた時代があった。仕事上、進路をどちらに向
ければいいのかという「岐路」にあったと報じたメディアもあった。
どちらにしても、改めて「亡くなった人なのだ」ということを実感。

そうそう、携帯を昨日、緊急に更新しました!一応、画像。
070308c.jpg

アウトカメラは320画素!スゲーきれい。だが、インカメラは11万画素。
足して2で割りゃいいのに。画質に違いありすぎ。

そりゃそうと、昨日インドネシアのジョクジャカルタで着陸に失敗した
「ガルーダインドネシア航空」ですが、私以外にこの航空会社とは意外
と縁があったのです。
070308e.jpg

(画像はロイター)
会社員時代、地元の市民団体が、オランダの帆船をインドネシアで製作
しようという話が持ち上がりました(詳しい話は省略しますが、インド
ネシアはオランダの植民地だった歴史があり、帆船製作の技術を有して
いたのです)そこで当時ディレクターもやっていた私は、足掛け4年間、
毎月のようにインドネシアに出張していた時期がありました。
その移動でもっとも良く搭乗したのが、ガルーダ機だったのです。

当時、福岡空港から週一便だっけ、デンパサール行きが就航していまし
たが、福岡発のガルーダ機が離陸に失敗したというニュースを、私は、
当時製作していた番組のロケで滞在中のロシアの空港で聞きました。
「えー、近いうちに乗らなきゃいけない飛行機じゃん」と思ったことを
鮮明に覚えています。そして、インドネシアロケの往路、ガルーーダ機
は福岡空港を離陸。眼下にビニールシートで覆われたガルーダ機の残骸
を見ながらのロケ出発となりました。機内は我々取材班と数人の乗客。
つまりガラガラでした。

ガルーダ航空は、個人的には嫌いな航空会社ではありませんが、ここ
まで重大な事故が続けば、インドネシアに行くなら、他のキャリアで。
となるのは確実でしょう。いくら航空運賃が安くても。

やはりそこは「国民性」が大きく影響しているのは事実でしょう。
よく言えば「おおらか」、悪く言えば「きわめて大雑把」な。
「これくらいどーって事ないョ」的な判断が余りにも多すぎます。

実際、私達取材クルーがインドネシア渡航中に、インドネシア国内で
ガルーダ機が墜落し、「ひょっとしてヨシムラたちが乗ってるんじゃな
いか?」と会社ではちょっとした騒ぎになったこともあるくらい、
ガルーダは事故が多いのです。大雑把な国民性。これはある意味大きく
当たっているかかも知れません。

結局、市民の募金5000万円(計画では2億弱を集める予定で動いていた)
をつぎ込んだ帆船復元計画は、インドネシアの商習慣と国民性を甘く
見たおかげで、見事失敗しました。後日談ですが、県警が「詐欺容疑」
で捜査に動いたほどの出来事となりました。

しかし、いったん国民の心に火がつけば暴動に発展します。
現地で暴動が発生したという報道を受けて、しばらく渡航を控えた時期
があったが、おさまったといわれて言ってみれば、まだまだ暴動は各地
で起こっていたのです。当時、暴動の中心にいた海外メディアは、まさ
に、私が以前いた会社。つまり我々の取材クルーだけだったのです。
070308d.jpg

(画像は、インドネシアの地方都市・ウジュンパンダンで、焼き討ちに
あった建物をバックにリポートする筆者)
不幸なことに、番組のロケを行ないながら、報道にネタを供給すると
いう姿勢や、私の番組制作の姿勢は、お世辞にも評価されたとは言えま
せんでしたが、このころの私も今と同じく、充実感でいっぱいでした。
スポンサーサイト



category: お仕事

thread: 今日の出来事

janre: 日記

tb: --   cm: --

Twitter

プロフィール

最近の記事

FC2カウンター

FC2カウンター

リンク

shinobi アクセス解析

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

月別アーカイブ

カテゴリー

▲ Pagetop