FC2ブログ
■■■ きょうのお仕事 ■■■ ホーム » お仕事 »何もないと思っていたら。(07/02)

何もないと思っていたら。(07/02)  

さーきょうは絶対ジムに行くぞ。
最近、週二回は通っていたジムに一回しか行けていない。

いい天気だ。暑い。窓は前回だ。風が吹き込んできて気持ちがいい。
130702a.jpg
体脂肪率は開始時14.0%。こんなものだろう。
きょうも張り切って2時間。
130702b.jpg
いろんな顔ぶれが来ている。顔見知りもいた。
みんな程度はあるがストイックに頑張っている。
そんな様子を見て、私ももう10年近く通っているのだ。
130702c.jpg
今週はきょうだけだ。週末からは帰省。
来週からはペースを戻したいのだ。
終了時の体脂肪率は13.1%。あまり落ちなかった。どうしたものか。

帰宅して着替えて出社。
あまり腹は減っていない。コンビニでそばだ。これで十分。
130702d.jpg
ぼちぼちやろうと考えていたら、ナレーションの発注が。
選挙関連だ。最近色々と仕事をしている会社からだ。
軽い内容(原稿ではなく作業的に)だったので、ブースを開いて早速収録。
ささっと納品。程なく「完璧です。先方に納品します」と嬉しいメールだ。
130702e.jpg
このような現場ばかりであれば非常に結構なのだが、仕事をご発注いただく
際に、ギャラは決定、内容はいかにも簡単そうに伝えておきながら、
送られた原稿を見ると、とても提示されたギャラではできない。という案件に
遭遇した。

駄目だよ、あまり下請けとナレーターさんを苛めちゃ。

かなりの数の案件があるらしく、発注元曰く「他のナレーターさんは喜んで
受けていらっしゃいますよ」ということだ。
知り合いがいるかもしれない。いくらで受けているか教えて欲しいものだ。

私は元アナウンサーの端くれで今はナレーター。現役だ。
提示金額=自分の価値 なのだ。
このところ、ギャラ水準がどんどん下がっている。
先日、福岡時代のナレーターの先輩・宇野さんと話をしたときにも
話題に出たが、数十年前と請負金額が変わっていないということは、
実質的な値下げだ。

当然ずーーーーっと右肩上がりにギャラが上昇するとは考えていないが、
図らずもそのような話がベテラン勢から出るところを見ると、ギャラ水準
はかなり酷いものと考えてよさそうだ。

いったい誰が潤っているのか。
もともとの発注金額と実際に手にする金額に乖離はないのか。
アベノミクスの恩恵はわれわれの業界には届くのか。

しかるべき機関で実態を調べていただきたいものだと真剣に思う。

宇野さんも「案件いくら」の世代で、VPであれば「何分もの」で
ギャラが決定することを知っている年代の人だ。
先日、食事をしながら「1文字いくら」という文字数換算の話をしたら
真剣に驚き「そういえば先日、制作会社の人が何分ものではなく、
何文字とか言ってたわ」という話をしていた。

東京に住む我々は、すっかり現実のものとなっている。
文字数換算方式が、地方に波及するのも時間の問題だ。

東京のナレーターより地方のナレーターのほうが待遇が良い。
これは事実のようだ。

我々は「やりがい」と「誇り」と「自負」だけで仕事をしている。
国から認められた公的な資格は何もない。売れたもの勝ちの世界だ。
しかしながら、最低限のボーダーは必要ではないのか。

最近そのようなことばかり考えてしまう。
歳なのか。そういうことにしておこう。
スポンサーサイト

category: お仕事

thread: 今日の出来事

janre: 日記

tb: --   cm: --

Twitter

プロフィール

最近の記事

FC2カウンター

FC2カウンター

リンク

shinobi アクセス解析

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

月別アーカイブ

カテゴリー

▲ Pagetop